家を購入する前に鑑定してもらおう

家を購入する前に鑑定しよう!

家を購入する前に確かめて!

家を買う、人生の中でこれほど大きな買い物をする機会は無いのではないでしょうか。
家を購入するとき、新築や中古、どちらを選ぶにしても、数百万円以上のお金がかかります。新築の場合だと、1千万円を超えるケースもありますから、家の購入には慎重に慎重を重ね、自分なりに家のことを調べたり、不動産会社へ問い合わせて確認をとったりすると思います。
そして、家を購入するなら、失敗だけはしたくありませんよね。
よくネットなどで、家の購入を失敗した、という人の話を耳にすることがあります。
「間取りの悪いマンションだったことを購入した後、生活してみて感じるようになった」
「中古物件を購入したけど、虫やネズミに悩まされた」
「近隣の住民との人間関係がギクシャクして気まずい思いをした」
家を購入して「失敗した!」と感じる部分は、人や物件の種類によって違いますが、失敗した人のほとんどが、「もっと家のことを調べておけばよかった」という後悔の気持ちは共通しています。
自分が家を購入するときには、こんな失敗をしたくないと思いますが、ほとんどの人が初めて家を購入する人で、どうやって家を選べばいいのかわからない人もいるでしょう。
そんなときは、購入したいと思った家をプロに鑑定してもらうことをおすすめします。
このサイトでは、家を購入するときに、必要となること、家を購入して失敗したと後悔しないために、少しでもリスクを少ないするために必要な情報についてご紹介していきます。

家の鑑定って何をするの?

家の鑑定と聞くと、家を売却するときに、不動産屋などで売却額の見積りをしてもらうことを想像したかもしれませんが、家を購入するときの鑑定とは、家に構造上の問題がないか、自分(家族)が生活するのに適した家であるのか、住宅ローンの見積りなど、鑑定してもらいたい項目は沢山あります。
そして、家の鑑定ですが、それぞれ鑑定してもらいたい事によって、相談する相手も違ってきます。
例えば、家を資産としてみた場合、将来的には売却を考えているという人は、不動産鑑定士に相談をして、家の売却時に注意することなどを相談します。不動産鑑定士には中古物件の購入にも相談して、その中古物件が適正な価格であるか鑑定してもらうことができます。
また、家を購入するとき、住宅ローンを銀行で契約すると思います。この住宅ローンを組むために、ファイナンシャルプランナーへ相談をして、無理のない返済計画をプランニングしてみたり、複数の銀行で住宅ローンの相談をすると、より住宅ローンのより詳しい内容を知ることができます。
また、物件の施設に関して鑑定をしてくれる住宅診断士もいます。住宅診断士は住宅の劣化や修理が必要な箇所等、メンテナンスは何年単位でおこなったほうがいいかなどを鑑定してくれます。
家を購入するときに鑑定してもらいことは沢山あると思いますが、まずは、どんな物件にするのか、新築にするのかそれとも中古にするのかなど決める必要もあります。
家の鑑定をすることで、家の購入で失敗する可能性は少しリスクを小さくすることができるようになります。

家を購入するタイミングはいつ?

では、家を購入するための準備ですが、家を購入しようと考えるのはどんなタイミングでしょうか。
家の購入を考える人の多くは、家族が増えた時に家の購入を考えます。
家族が増えるときとは、結婚をして夫婦となった時、そして、子供が生まれた時です。
特に、子供ができたから、家の購入を考える人が多く、しかもこういった人に限って、新築の家を購入しようとするようです。
その新築を購入したいという気持ちはすごく理解することができます。実際に、日本では中古物件よりも新築が好まれる傾向にあるので、せっかく高い買い物をするのだし、しかも、家族が増えるのだから新築で家を買おう!という考えになっているようです。
この考えは全てが悪いわけではありませんが、新築で家を購入するなら、他にもタイミングを見る必要があります。
そのタイミングというのが、家を購入する人の仕事の勤続年数です。家を新築で購入した場合、ローンの申請をするとき、勤続年数が10年以上あると、ローンの審査がだいぶ楽になります。
しかし、家を購入する前に転職をしていたり、転勤をする可能性が高い職業だと、金額の大きなローンがおりない可能性もあります。
家を購入することを考えている方は、いつ家を購入すればいいのか、そのベストの時期を見極めることも重要です。